赤魔道士Nittaniの冒険 in FF11

 FF11(ファイナルファンタジー11)をプレイしている赤魔道士のNM対戦記録(赤ソロ)など。
2008/11«2008/12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/01
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
2008/12/23:フェロー装備最高ランク到達(フリーランク12(アトルス系))。
セルケト通いがてら、同系統のウェポン・カエル・骨・ツボを倒して徐々にランクアップ。
フェローポイントで防具4箇所固定(6万ポイント)、呼び出し時間も3段階延長(合計15万ポイントで30分)。
2008/08/31:フェローLv70到達!後半はほぼKing Buffalo。装備は重騎兵ランク6。
2008/07/19:次回のKing Arthro戦に備えるため、フェローLv上げ中(現在Lv68)。
①フェローが呼べる場所、
②印章を落とす敵(真龍BC/南海の魔神BC)、
③赤魔道士装備を落とす強敵と対戦できる、
という条件で絞り込んで場所を選択してみました。

◆フェローレベル上げオススメエリア
①ウルガラン山脈 頂上龍爪獄手前広場
 倒す敵:King Buffalo(Lv79~82:Lv75から見てとても強い)。
 経験値:@200~250→1チェーン(2体) × 5~15セット = 経験値2,500~6,000。
     ※気合入れれば最大15セットですが疲弊します(爆)。
 フェロー:@300 × 10~30体 = 経験値3,000~9,000(フェロー取得経験値参照)。
 移動時間:15分ぐらいかかります。週末用。
 狙い:ヘッジホッグボム(入手済なので売却目的)(ENM唇亡びてもついでに)。
 ポイント:経験値重視ならここ!魔法防御力が低い&常時氷マークで氷帯ブリザドの威力を存分に生かせます。

②デルクフの塔 上層11For12F
 倒す敵:Jotunn Wildkeeper/Wallkeeper/Hallkeeper/Gatekeeper(Lv65~69:Lv75から見て楽)。
 経験値:@30~35 × 25~30体 = 経験値800~1,000。1週10分10体。
 フェロー:Lv65時、@170 × 30体 = 経験値5,100。
      Lv68時、 @90 × 30体 = 経験値2,700。
 移動時間:OPクフィムで塔前→エレベーター使用(要デルクフのカギ)で意外と近く5~6分。平日用。
 狙い:朽ちた円盾→Alkyoneus(アルキオネウス腕輪)、古びた角笛→Pallas(パラースの腕輪)。20体にひとつどちらかが出る感じ。
 ポイント:アクセスいいので楽。STR+11のアルキオネウス腕輪はWS時だけ使えそう。巨人小金持ち。

③オズトロヤ城 最奥広場
 倒す敵:Yagudo Flagellantモ/Prelate黒/Assassin忍/Conductor詩(Lv63~72:Lv75から見て楽~丁度)。
 経験値:@20~35 × 20~30体 = 経験値500~750。
 フェロー:Lv65時、@180 × 30体 = 経験値5,400。
      Lv68時、@160 × 30体 = 経験値4,800。
 移動時間:OPメリファト経由で10分強。1つ目と3つ目の暗号は途中で見て行き、2つ目は全数入力。
 狙い:デイライトダガー(Tzee Xicu the Manifest(ヤグ神Lv85))、Yagudo Avater(ヤグ王Lv75)。
 ポイント:オーク、クゥダフ拠点の最深部はフェロー呼び出し不可ですが、ヤグード拠点最深部だけは呼び出し可能。ヤグ神に一度は特攻してみたいものです(笑)。

④グスタフ ゴブリン広場
 倒す敵:ゴブリン、カニ
 経験値:@20~35 × 20~30体 = 経験値500~750。
 移動時間:OPバルクルム経由で7~8分程度。
 狙い:Bune(めったに時間帯に合わないですが)。

その他候補
⑤監獄地下水路(血玉の指輪狙い)
⑥フェ・インキャシー広場(キャシーイヤリング狙い)


◆フェロー呼び出し不可エリア
・コンクェストエリアでBCがあるエリア
・トゥー・リアリージョン
・プロミヴォン以外のプロマシアLv制限エリア、アル・タユリージョン
・アトルガン全域


◆フェロー取得経験値
 フェローから見て敵の強さを判定し、それに応じた経験値をもらえるようです。フェローのLvが66以上の場合、
 Lv差 経験値
 -6   50
 -5   53
 -4   57
 -3   61
 -2   72
 -1   86
  0   100
 +1   130
 +2   160
 +3   200
 +4   240
 +5   280
 +6   300
 ※ウルガランKing Buffaroの場合Lv79~82なので、すべて経験値300。
 ※デルクフ上層巨人の場合Lv65~69なので、Lv65なら100~240(平均170)、Lv68なら経験値61~130(平均90)。


◆フェローレベルアップ必要経験値
~Lv66:26000
~Lv67:27500
~Lv68:29000
~Lv69:30500
~Lv70:32000
※①ウルガランで超がんばれば3~4回ほどの呼び出しでLvアップ(1回9,000)。スローペースでも5回程度。
※②~④の楽~丁度敵だと、7~10回の呼び出しでLvアップ。


フェローは猛攻タイプ。
平日はデルクフ巨人、週末はウルガラン野牛。Lv68ぐらいになるとデルクフ巨人からオズ最奥広場などに変更した方がよいかもしれませんね。


②赤の性能
赤魔道士の装備:現状の記録。
赤魔道士のマクロ:グリップ実装に伴いアップデート。
赤魔道士の魔法効果・計算式:強化精霊の計算式、弱体の効果など。
赤魔道士のステータス/スキル/ジョブ特性・計算式
赤魔道士の死に様:プリケツナンバーワン!
赤魔道士のスキル上げ:受け流しスキル・盾スキル青字への道。
赤魔道士の所持金:収入・支出のベストテン。
赤魔道士のサポートジョブ
赤魔道士のフェローレベル上げ

③赤の動き
帝龍降臨/応龍来来での赤魔道士:赤/暗でクマスタン!
印章BCでの赤魔道士:直近1年ぐらいのBCの記録。
デュナミスでの赤魔道士:通い始めて早3年、いろいろ教わりました。
メリポPTでの赤魔道士:メリポ拡張ありました。
アサルトでの赤魔道士:7つのみ集中でようやく山猫中尉に。
ナイズルアサルトでの赤魔道士:ナイズル2周目突入!
マムージャ王Gulool Ja Ja戦での赤魔道士:マムージャ王戦。
カンパニエでの赤魔道士:強力味方NPC&強敵NPC多し。
サルベージでの赤魔道士:131回目でモリガン装備コンプ。
スポンサーサイト
     
2008/12/09:INT3/MND2→INT5に変更。
2008/06/01:カテゴリ2の能力値上限引き上げ(公式サイト:2008/05/28)で、楽しみなバージョンアップになりました!
実装された当時Ix'aernに挑んでいたので迷わずバイオIII、そして強敵用にレジ率が低く効果・MP効率の高いスロウIIを選択、ビビアン戦をはじめ大変有効でした。上限引き上げ後スロウIIとバイオIIIをさらにに特化予定!
→スロウII最大遅延率39%(スロウ30%)でもはやスロウIIIといえる性能に。バイオIIIスリップ400/2分半でポイズンIIとあわせて強力スリップ(バイオII240/2分(暗黒スキル211時)、ポイズンII(スリップ400/2分))。


◆メリットポイントのカテゴリー(グループ2魔法の性能)
◆コンテンツ別有効度表
◆赤魔道士グループ2考察
◆現在のメリットポイント状況


◆メリットポイントのカテゴリー
★HP/MP:カテゴリー内の合計上限8
①HP上限:能力値1でHP+10 → 最大で能力値8でHP+80
②MP上限:能力値1でMP+10 → 最大で能力値8でMP+80
※MP+80でタマスリング+ビビアンリング相当。ヒュームRDM75/WHM37でHP/MP=

★ステータス:カテゴリー内の合計上限5
①STR:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
②DEX:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
③VIT:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
④AGI:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
⑤INT:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
⑥MND:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
⑦CHR:能力値1で+1 → 最大で能力値5でステータス+5
※INT+1で精霊ダメージ2~3UP、MND+1でスロウ遅延率0.2%UPなどの効果。

★戦闘スキル:カテゴリー内の合計上限20
①短剣スキル :能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
②片手剣スキル:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
③片手棍スキル:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
④弓術スキル :能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
⑤投擲スキル :能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
⑥回避スキル :能力値1で+2 → 最大で能力値4でスキル+8
⑦盾スキル  :能力値1で+2 → 最大で能力値4でスキル+8
⑧受け流しスキル:能力値1で+2 → 最大で能力値4でスキル+8
※レベルアップで上がるスキル上限値が3~5程度。+16でLv4差相当、スキルランクがひとつ上がるぐらいの大きな差(B->A)。
※Lv75時点でのスキルキャップ:A+276、A269、B+256、B250、B-240、C+230、C225、C-220、D210、E200、F189。

★魔法スキル:カテゴリー内の合計上限16
①神聖魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
②回復魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
③強化魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
④弱体魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
⑤精霊魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
⑥暗黒魔法:能力値1で+2 → 最大で能力値8でスキル+16
※レベルアップで上がるスキル上限値が3~5程度。+16でLv4差相当。スキルランクがひとつ上がるぐらいの大きな差(B->A)。
※Lv75時点でのスキルキャップ:A+276、A269、B+256、B250、B-240、C+230、C225、C-220、D210、E200、F189。

★その他:カテゴリー内の合計上限8
①敵対心+:能力値1で+1 → 最大で能力値4で+4
②敵対心-:能力値1で-1 → 最大で能力値4で-4
③クリティカルヒット率 :能力値1で+1% → 最大で能力値4で+4%
④被クリティカルヒット率:能力値1で-1% → 最大で能力値4で-4%
⑤詠唱中断率:能力値1で-2% → 最大で能力値4で-8%
※赤ソロでしぶとさを発揮するために被クリと詠唱中断率に特化。詠唱中断率は効果を感じにくい。

★赤魔道士グループ1:カテゴリー内の合計上限10
①コンバート使用間隔:能力値1で使用間隔を20秒短縮。能力値5で使用間隔8分20秒(100秒短縮)。
②火属性魔法命中率:能力値1で火属性魔法命中率+3、最大で命中率+15。ファイア、バーンなどに効果。
③氷属性魔法命中率:  〃  。ブリザド、パライズ、バインドなどに効果。
④風属性魔法命中率:  〃  。エアロ、サイレス、グラビデなどに効果。
⑤土属性魔法命中率:  〃  。ストーン、スロウなどに効果。
⑥雷属性魔法命中率:  〃  。サンダー、ショックなどに効果。
⑦水属性魔法命中率:  〃  。ウォータ、ポイズンなどに効果。
※コンバートは10分(600秒)を8分20秒(500秒)まで短縮すると、1.2倍のMP効率(1000->1200相当)。
※グラビデは耐性つくNM多いため、風属性より氷属性を選択。
※現在、弱体スキル327+氷命中率15=344+氷杖の状態でバインド撃っています。

★赤魔道士グループ2:カテゴリー内の合計上限6→10(2008年6月予定)
①ディアIII(45):
 防御力-15%、能力値1で効果時間+30秒。能力値1で30秒→能力値5で2分30秒。スリップダメージ3/3秒。
 →メリポPTで有効(2段階1分)、他にも与ダメージ向上のため使いどころは多い。
 ※ディアII(30):防御力-10%。スリップダメージ2/3秒、効果時間2分。
 ※上書き優先順位:バイオIII>ディアIII>バイオII>ディアII>バイオ>ディア。

②スロウII(45):
 能力値1でスロウ効果+1、魔法命中率+2。効果時間3分。能力値1で遅延率20~35%→能力値5で遅延率24~39%、命中率+8。
 スロウの遅延率を5%UP、能力値5で10%UPさせたような性能。
 →強敵NMソロ時のサポ忍で戦う場合に有効、MND差5で遅延率1%向上→MND差75程度で上限? パライズ、ブラインに比べ命中率が高いのも○。能力値5でもはやスロウIIIといえる性能。
 ※スロウII遅延率=15 + MND差 * 0.2 (引用)
 ※スロウ(15):遅延率15~30%、効果時間3分。
 ※上書き優先順位:スロウガ>スロウII>ヘイスト>捕縄の術:弐>スロウ=捕縄の術:壱。
 ※現在弱体魔法スキル312/MND126の状態で撃っています。

③パライズII(36):
 能力値1で麻痺確率+1、魔法命中率+2。麻痺率上限31~35%?、効果時間30~120秒。
 これも能力値5でパライズIIIな感じ。
 →3回に1回麻痺は効果大だがMP消費も大きくスロウ・ブラインに比べ効果時間も短いため、ソロ時はパライズの4回に1回麻痺で十分か。さらに命中率はスロウより低い。スロウ90%、パライズ80%(感覚的)。
 ※パライズ(6):麻痺率上限25%? 効果時間30~120秒。
 ※上書き優先順位:パライズII>パライズ=アイススパイク=呪縛の術:壱。
 ※現在弱体魔法スキル312/MND126の状態で撃っているが、パライズでも麻痺率は悪くない。

④ファランクスII(42):
 能力値1で効果時間+30秒、ダメージカット量+3→能力値5で強化スキル300で28(効果時間4分)。
 ダメージ軽減量=int(強化魔法スキル/25) + 4 + 3*(能力値-1)。
 →サルベージ序盤など空蝉なく殴られるところでは効果大。ソロ時は消費MP2倍で効果時間が1分延びるだけなので微妙か。
 ※ファランクス(MP21、効果時間3分):強化スキル256で23、強化スキル300で28。

⑤バイオIII(54):
 攻撃力-15%、能力値1で効果時間+30秒。能力値1で30秒、能力値5で2分30秒。
 スリップ量は暗黒スキル200で7/3秒、211~で8/3秒(400スリップ(ポイズンIIと同等))、251~で9/3秒(2分半で450スリップ!)。
 →サポ学黒グリモア時(暗黒スキル246(E->B)+装備)、強力なスリップ量。すでに卒業したIx'aern戦やビビアン戦などは少し楽になっていたことでしょう。今だとFortitude戦などに使えそうです。時間短縮が必要なSerketやKing Arthro赤ソロにはディアIIIの方が良さげ。

⑥ブラインII(31):
 能力値1で命中ダウン効果+1、魔法命中率+2。効果時間3分。
 ブラインより命中低下率10%UP。自分INT=敵MNDのとき命中低下率25%。
 →強敵赤ソロ戦では回避ボトムキャップしていると思われるため、ブラインII5段階をもってしても効果薄か。
 ※命中低下率=(術者INT - 相手MND + 100) / 4)(引用)。
 ※ブライン(5):((術者INT - 相手MND + 60) / 4)(引用)。効果時間3分。強敵時命中-10程度か。
 ※上書き優先順位:ブラインII=暗闇の術:弐>ブライン=暗闇の術:壱。
 ※現在弱体魔法スキル312/INT124の状態で撃っています。

赤魔道士WikiFF11用語辞典より一部引用。


◆コンテンツ別有効度表
 強敵NMソロ、各種BC、メリポ、裏、リンバス、ENM、アサルト、ナイズル、サルベージ、カンパニエでの有効度表を作ってみました(感覚的です)(赤魔道士のサポートジョブの適正表と同じ項目)。

        NM BC メ 裏 サ リ ア ナ E カ 評
スロウII   ◎ ○ ○ △ ○ △ △ △ △ △ 15
ディアIII   ○ ○ ◎ △ △ △ × △ ○ × 13
パライズII  ○ ◎ △ △ ○ △ × △ × × 11
バイオIII   ◎ △ × △ × △ × × △ ×  9
ファラII    △ △ △ × ◎ × × △ △ ×  8
ブラインII  △ × ○ △ △ × × △ × ×  6

◎=非常に有効、○=有効、△=一部の敵に有効、×=I系で十分

※たとえばディアIIIを使うとディアIIに比べて有効か、という観点での評価ポイントです。ディアIIでもディアIIIでもあまり変わらない、というときは×をつけています。


◆赤魔道士グループ2考察
ディアIII:
 タイムアタックで敵を倒す時間を短縮するメリポには最適(2段階でOK)。
 King ArthroやSerketなど赤ソロタイムアタック時にも有効か。
スロウII:
 強敵やボス(サルベージなど)と戦うときに効果を発揮。ヘイスト上書きも○。
パライズII:
 強敵やボスと戦うときに有効、しかしMP消費大・効果時間短いためソロではパライズで十分か。
ファランクスII:
 サルベージ序盤で特に有効。強敵時有効だがソロ時はファランクスIの方がMP効率が良い。
バイオIII:
 能力値5で赤ソロスリップ作戦で非常に有効になった。Ix'aern、Vivian、Charydbis、Bune、Genbuなど過去スリップ作戦で倒してきたほとんどの敵で時間短縮でき、とどめパウダーダッシュ時バイオIIを上書きできるのも○。逆にそれ以外は帝龍降臨(飛翔時の2分(能力値4))などごく一部でのみ有効か。
ブラインII:
 強敵には回避ボトムのことが多いためあまり有効ではないか?おなつよ程度と戦うときに効果を発揮しそう。


◆現在のメリットポイント状況
(HP/MP)
 MP:■■■■■■■■

(ステータス)
 INT:■■■■■

(戦闘スキル)
 短剣スキル:■■■■■■■■
 片手剣スキル:■■■■■■■■
 回避スキル:■■■■

(魔法スキル)
 強化魔法スキル:■□□□□□□□
 弱体魔法スキル:■■■■■■■□
 精霊魔法スキル:■■■■■■■■

(その他)
 被クリティカルヒット率:■■■■
 詠唱中断率:■■■■

(赤魔道士)
 コンバート使用間隔:■■■■■
 氷属性魔法命中率:■■■■■
 スロウII:■■■■■
 バイオIII:■■■■■


1年近く行っていないメリポPTに、久しぶりに参加することになりそうです。


赤の性能シリーズ
赤魔道士の装備:現状の記録。
赤魔道士のマクロ:グリップ実装に伴いアップデート。
赤魔道士の魔法効果・計算式:強化精霊の計算式、弱体の効果など。
赤魔道士のステータス/スキル/ジョブ特性・計算式
赤魔道士のメリットポイント
赤魔道士の死に様:プリケツナンバーワン!
赤魔道士のスキル上げ:受け流しスキル・盾スキル青字への道。
赤魔道士の所持金:収入・支出のベストテン。

赤の動きシリーズ
帝龍降臨/応龍来来での赤魔道士:赤/暗でクマスタン!
印章BCでの赤魔道士:直近1年ぐらいのBCの記録。
デュナミスでの赤魔道士:通い始めて早3年、いろいろ教わりました。
メリポPTでの赤魔道士:メリポ拡張ありました。
アサルトでの赤魔道士:6つのみ集中で現在特務曹長。大尉への道のりは遠い。
ナイズルアサルトでの赤魔道士:ナイズル2周目突入!
マムージャ王Gulool Ja Ja戦での赤魔道士:マムージャ王戦。
カンパニエでの赤魔道士:強力味方NPC&強敵NPC多し。
プロフィール

Author:Nittani
サーバ:Alexander
趣味:コツコツNM通い
ささやかな楽しみ:目指せ彫金スキル100
特徴:強敵(NM)にソロ特攻&HP帰還

ご訪問ありがとうございます。リンクフリー。




Since 2007.1.20

全記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
ブログリンク
サイトリンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。