赤魔道士Nittaniの冒険 in FF11

 FF11(ファイナルファンタジー11)をプレイしている赤魔道士のNM対戦記録(赤ソロ)など。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
アルタナの神兵から、気軽に参加できるカンパニエに通いはじめ、早くも「騎士戦功水晶章」をもらいました!前回はオーク帝国軍のみでしたが、今回はクゥダフ兵団、ヤグード教団編も追加しました。

参加スタイルはサポ白で片手剣持って接近戦。やはり敵英雄(強敵NM)に突っ込んでいくのがおもしろく、率先して特攻するため死亡率高いです(笑)。最初はあちこち行っていましたが、ジャグナーの発生頻度が一番高いようです。

◆敵英雄(強敵NM)紹介:
オーク帝国軍
Conqueror Bakgodek(征服者バックゴデック):
 ジョブナイト。現オーク神。単体ではオーク帝国軍最強か。殴り合いは相当困難(一撃被ダメージ300)、バトルダンスも強烈。通常攻撃の追加効果:TP吸収。グラビデ効くので、精霊でタゲとってグラビデマラソン(前衛が後ろから殴る形にできると嬉しい)。固い+インビンを使用するため通常攻撃が効きにくく、精霊と弱体で意外とタゲが張り付きやすい。サポ白での殴り合いはタゲとると1分ぐらいしか持たないが、サポ忍でやってみたい相手(バトルダンスで空蝉の意味ないか(爆))。ナ/踊がタゲとって3~4分粘ってました、恐るべし。

Jagidbod's Warmachine(ジャギッドボッドの戦闘機械):
 戦車。強力な範囲WSをいくつも持ち敵殲滅力が非常に高い難敵。殴り合いはかなり困難だが(一撃被ダメージ200~300)、バファイをかけると炸裂弾(範囲1000以上)、火炎弾(範囲300)、火矢(単体300)は相当無効化できる。注意するのは噴水(範囲300~800)のみ。殴り合いは2~3分は持ちますが、空蝉貫通WSが多くサポ忍でも厳しそうです。グラビデマラソンでのタゲ維持は可能。

Deathlord Rojgnoj(死の君主ログノー):
 ジョブ暗黒。一撃(被ダメージ100~200程度)も強く手ごわいが、なんとか殴り合い可能。ときどきWSエアリアルホイールで1000以上級のダメージあり。数分間は粘れます。

One-eyed Gwajboj(片目のグヮボー):
 ジョブナイト。バトルダンス(範囲100~200)注意(大勢で殴るため頻発)。殴り合い十分可能。

Steelbiter Gudrud(鋼鉄を噛み砕く者グドルド):
 ジョブ竜騎士。常にジャンプ攻撃だが威力は弱い(50~100)、殴り合い十分可能。

Dirtyhanded Gochakzuk(卑劣なゴチャクズック):
 バタリアに出現。ジョブ黒魔道士。クエイクIIをはじめ超強力な魔法を唱えてくるが、土属性のみのためバストンでほとんどレジれる。戦車のように複数属性(炸裂弾(火)と噴水(水))持つ敵は怖いが、単独属性はバ系でほぼレジ可能(敵のレベルが低いと思われる)。

クゥダフ兵団
Di'Dha Adamantfist(金剛拳ディ・ダ):
 ジョブ白。白甲羅亀、現亀神?防御力が非常に高い上にダイアモンドシェル(後方無敵)や女神の祝福、ケアルガ4などを駆使し非常にしぶとい。ただし痛い攻撃はないため(一撃被ダメージ50程度、炸裂岩投げ300程度)、タゲキープは十分可能。

Ga'Dho Softstep(忍び足のガ・ド):
 ジョブシーフ。分身(Gu'Dho Staggershell)を出現させての炸裂岩投げは超絶な破壊力(対象周囲200~600×2発)、クゥダフ軍最強か。最初はグラビデマラソン以外でのタゲ維持は超困難かと思ったが、通常殴りは耐えられる程度(50~100)で殴り合いも可能。マラソン時はBakGodek(オーク黄金マスクNM)と違い、炸裂岩投げが遠距離対応な上オーク戦車NMほど足も遅くないため、欠点がなくマラソンも楽ではない。炸裂岩投げをバファイで軽減できるか検証中。赤はレジ多いような気もするので魔法防御UPで軽減か?

Bo'Dho Hundredfist(百烈拳のボ・ド):
 ジョブモンク。WSグ・ダの怒り使用(範囲ダメージ+ノックバック+ヘビー)。百烈拳を使ってくるが、殴り合い可能。

Go'Bhu Herohunter(英雄狩りゴ・ブ):
 ジョブ戦士。マイティストライク使用。両手剣をもちながらもサイレガ・バインガを放ってくる。通常の被ダメージは100程度。また岩石投げ(対象周囲300~600)に加え、ヘッドバット(単体1000)も強力。

De'Vyu Headhunter(首狩りデ・ヴュ):
 ジョブナイト。WSグ・ダの怒り使用。インビンシブルに加えプロテス4、ファランクスも使い防御力は非常に高い。痛い攻撃はない。

ヤグード教団
Vee Qiqa the Decreer(判決人ヴェー・クィカ):
 ジョブ召喚。現ヤグード神?単体なら殴り合い可能だが、呼び出すエレ2体の一撃100ダメージ以上&強力な精霊魔法を唱えてくるため長くは持たない。エレはすべてスリプル×。

Vaa Oozu the Redolent (芳香のヴァー・オズ):
 ジョブ戦士。一撃の被ダメージは50程度だが、Vaa Oozu's Scolopendri(金色のサソリ、一撃50~100ダメージ)を2匹呼び出し、凶悪なデスシザーズ(単体500~1000)を連打してくるため長期戦は厳しい。サソリは最優先で寝かせて対応すればなんとか耐えられる。

Kazan the Peerless(無双のカザン):
 ジョブ侍。一撃の被ダメージは50程度。明鏡止水や忍術を使ってくるが、なんといってもWS暫(範囲500~2000)が超強力(4~5回に1回は致死級)。しかし(赤だと?)ハーフレジぐらいになることが多いような気がする(バファイでレジ可能なように思われるが確認中)。八方払い(範囲200~800)も強力だがバサンダで大幅レジ可能。闇の呪詛は2000超ダメージ食らう場合もある。空蝉を使うためマラソン時はディアガ必須。マラソンなら安定維持可能だが、足も速くスタンWSもあるので注意。

Dee Xalmo the Grim(冷酷なデー・ザルモ):
 ジョブモンク。通常被ダメージは小さいが、WS死の宣告のみ連発してくる。しかも彼が死んでもその効果は切れない。カーズナ成功率は20%ぐらい。タゲとったら30秒以内に高確率で死ねます(笑)。

Moo Ouzi the Swiftblade(疾風剣のモー・オジ):
 ジョブ侍?通常被ダメージはそんなに痛くないが、侍らしくWS(草払い、羽根竜巻、羽根吹雪)を連発してくる。しかし注意するのは闇の呪詛(単体1000以上)程度。殴り合い可能。

Muu Buxu the Elusive(神出鬼没のムー・ブジュ):
 ジョブ忍者。微塵隠れ(範囲300~600)を使用してくるがそれ以外は恐くない。殴り合い可能。


◆カンパニエNM強敵度ランキング:
1位:Vee Qiqa the Decreer(判決人ヴェー・クィカ):
  (タゲが自分にある状態での)生存可能時間:1分
  エレ4体どれも寝ない&強力な精霊x4であっさり倒されてしまう。
  エレも複数種類(属性)のためバ系で防ぎきれない。
2位:Vaa Oozu the Redolent (芳香のヴァー・オズ):
  生存可能時間:3分
  厳しいがサソリ2体を寝かせられれば、本体の攻撃は凌げる。
  寝かしたサソリをNPCが殴り起こすとほぼ死亡確実なため、寝かせ位置要注意。
3位:Kazan the Peerless(無双のカザン):
  生存可能時間:2~3分
  強力なWS暫で4~5回に1回は倒されてしまう(バファイでレジ可能?))。
  スタンWSも多くやっかい。
4位:Ga'Dho Softstep(忍び足のガ・ド):
  生存可能時間:4~5分
  致死級のWS炸裂岩投げx2で5~6回に1回は倒されてしまう。
  遠隔WSのためマラソンも困難。
5位:Conqueror Bakgodek(征服者バックゴデック):
  生存可能時間:4~5分 (マラソン)
  単体攻撃力は非常に高い強敵だが、マラソン可能。
番外:Dee Xalmo the Grim(冷酷なデー・ザルモ):
  WSが死の宣告、強いわけではないが生存時間はもっとも短い。


◆カンパニエメモ
・1回につき約10体(隊長+兵隊)で襲ってくる。
・1回のカンパニエバトルで1~4回来る。
・戦線によって発生頻度に差がある。ジャグナー>ロランベリー>メリファトあたり頻度高。
・味方NPCはヘイト0。
・敵の属性攻撃をバ系で相当軽減可能。
・雑魚は5体ぐらいなら集中攻撃を受けても耐えられる。隊長クラスでも数種類を除いて盾可能。
・兵隊共通WS:オーク=バトルダンス(範囲)、クゥダフ=鉱石投げ(対象周囲)/ヘッドバット(単体)/シェルガード(防御UP)、ヤグード=羽根吹雪(単体+毒)/草払い(範囲+スタン)を共通WSとして使ってくる。
・隊長共通WS:オーク=???、クゥダフ=炸裂岩投げ(対象周囲)/ダイヤモンドシェル(後方無敵)、ヤグード=羽根竜巻(単体+装備1箇所脱衣?)。
・中隊長以上WS:オーク=???、クゥダフ=グ・ダの怒り(範囲ダメージ+ヘビー)、ヤグード=闇の呪詛(単体200~800)。


◆経験値高記録(2000以上):
ジャグナー:Bakgodek(オーク黄金マスクNM)グラビデマラソン約10分、リレ2回→経験値2475。
ロランベリー:Amadantfistと殴り合い数分後集団殴り、Softstep足止め&瞬殺され→経験値2275。
メリファト:Grim対戦死の宣告で死亡→Elusiveで殴り合い数分間、その後Decreer絡み死亡→雑魚数匹後Redolent→経験値3290/戦績1690。


赤の性能シリーズ
赤魔道士の装備:現状の記録。
赤魔道士のマクロ:グリップ実装に伴いアップデート。
赤魔道士の魔法効果・計算式:強化精霊の計算式、弱体の効果など。
赤魔道士のステータス/スキル/ジョブ特性・計算式
赤魔道士の死に様:プリケツナンバーワン!
赤魔道士のスキル上げ:受け流しスキル・盾スキル青字への道。
赤魔道士の所持金:収入・支出のベストテン。

赤の動きシリーズ
帝龍降臨/応龍来来での赤魔道士:赤/暗でクマスタン!
印章BCでの赤魔道士:直近1年ぐらいのBCの記録。
デュナミスでの赤魔道士:通い始めて早3年、いろいろ教わりました。
メリポPTでの赤魔道士:メリポ拡張ありました。
アサルトでの赤魔道士:6つのみ集中で現在特務曹長。大尉への道のりは遠い。
ナイズルアサルトでの赤魔道士:ナイズル2周目突入!
マムージャ王Gulool Ja Ja戦での赤魔道士:マムージャ王戦。
カンパニエでの赤魔道士:強力味方NPC&強敵NPC多し。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nittani.blog90.fc2.com/tb.php/44-938ba4db

プロフィール

Author:Nittani
サーバ:Alexander
趣味:コツコツNM通い
ささやかな楽しみ:目指せ彫金スキル100
特徴:強敵(NM)にソロ特攻&HP帰還

ご訪問ありがとうございます。リンクフリー。




Since 2007.1.20

全記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
ブログリンク
サイトリンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。